本文へスキップ

ながいき村ナビは、長生村の観光と地域の情報をお届けします!

観光情報

観光スポット


■海

一松海岸
千葉県長生郡長生村一松

九十九里浜の南端部に位置する一松海岸。約200mにわたり整備された海水浴場で、ライフセーバーもいるため安心です。また、設備面も充実していて海水浴シーズン中は「海の家」が立ち並び、無料駐車場や公衆トイレも完備されています。交通アクセスも良く、シーズン中は多くの人で賑わいます。期間中は無料で観光地曳き網が行われ、普段生きた魚に触れることのない子ども達に喜ばれています。
ハマヒルガオ群生地
千葉県長生郡長生村一松

浜昼顔は、九十九里浜の一松海水浴場付近で開花します。ヒルガオ科の多年草です。淡紅色の花を咲かせます。茎は地をはって長く伸びヒルガオに似ているが葉は厚く光沢があります。長生村の花に指定されています。

■史跡・伝承

長生観音
千葉県長生郡長生村一松戊3451-9

「ながいき観音」は、村の悠久の平和と、さらには村内各戸の家内安全と繁栄、村民の交通安全、水難無事故の願いをこめて、この観音像を一松驚海岸地先に建立されました。
この「ながいき観音」の台座には、長生村仏教会の十界曼荼羅と広島県の不老山 長生寺のご祈祷札を納めてあります。
中瀬大橋
千葉県長生郡長生村一松中瀬

生涯を漁場にかけた男、「石井亀吉」のロマンと執念によってかけられたのが中瀬大橋です。「石井亀吉」は明治31年館山の漁師の家に生まれ、長生村で家庭を持ち製材工場を開きましたが、海への思いが断ち切れず、戦後網元をはじめました 。当時浜に出るために船で川を渡るしかなく大変不便でした。そこで「石井亀吉」は100mにもおよぶ木造橋として実現したのです。巾2.4mの橋ではありましたが、その頃機械無しに砂の川底に杭を打つ作業は大変な困難を伴いました。
虫供養碑
千葉県長生郡長生村岩沼地先

「虫供養碑」は村指定史跡であり、JR八積駅近くにあります。
江戸の下町では秋になると涼やかに鳴く秋虫が珍重され、「虫売り」がスズムシ・マツムシなどを長生村から出荷したそうです。文化12年(1815年)には佐瀬半兵衛が虫の繁殖に成功したことや、川城福松が虫を捕えて江戸の虫問屋に売り始め、虫売り業が盛んになったようです。
しかし、大正の終わりになると、虫売りにかげりが見え始めた、虫売り業の衰退を憂えた佐瀬吉松らが、虫の霊を慰めるため、大正10年(1923年)、村や東京の虫問屋の有志を募って石碑を建てました。
虫供養の碑は各地に見られるそうですが、長生村の碑文には謡曲松虫に言及していることが珍しいとされています。

■神社・仏閣

岩沼の獅子舞
千葉県長生郡長生村岩沼1 皇産霊神社(むすびじんじゃ)

岩沼の獅子舞は、元和7年(1621年)から催されたという由緒深い歴史があります。氏子の安全、五穀豊穣、悪疫退散を祈願し、皇産霊神社の祭礼に合わせて、奉納されます。踊りをするときに身につける衣装が、美しく目をひく伝統芸能です。昭和36年(1961年)6月9日に千葉県の無形文化財に指定されました。
お的神事
長生郡長生村一松丙91 一松神社(いっしょうじんじゃ)

一松神社の神占いであるお的式は、天文3年(1534年)正月4日に始まったといわれ、現在に至っています。
和紙28枚を張り合わせて作った直径90センチのお的には、白と黒の六重の丸を描いたものを3本の竹で支えます。弓を射るのは神主で、お的を15メートルくらいのところから射ます。矢は、1本目は神の矢で一年の吉凶を占い、2本目は早稲の、3本目は中稲の、4本目は晩稲の豊凶をそれぞれ占います。
九十九里「浜の七福神」 弁財天
千葉県長生郡長生村宮成373-1 清泰寺(せいたんじ)

浜の七福神の紅一点の弁財天が祭られています。
清泰寺は、弘治3年(1557年)の創立といわれおり、田園風景の中に目引く赤い本堂は天宝14年(1843年)に再建されました。境内の墓地には文化年中(1804年〜1817年)の漢学者・松連斉と弟子・東遊の碑が有ります。当時は寺子屋として村民の教育に携わっていた事がうかがえます。

■公園・釣り場

尼ヶ台総合公園
千葉県長生郡長生村本郷5366-1

四季おりおりの花と緑の広がる尼ヶ台総合公園は、スポーツを楽しんだり、憩いのひとときを過ごすことのできる長生村のオアシスです。
総面積10.5ヘクタールの広大な敷地は、自然の地形を活かした水と緑に包まれています。散策路で結ばれる公園内は、シンボルの時計塔や花壇、せせらぎなどが設けられ、丘の上のベンチではお弁当を広げる家族連れの姿も。
スポーツ施設として野球場や運動広場、テニスコート、冒険子ども広場などもあり、子どもからお年寄りまで、誰もが健康づくりやスポーツを楽しむことができます。
鵜沼堰(旧 七井土の堰)
長生郡長生村七井土字鵜沼堰1878-1

鵜沼堰は、鵜沼は5haほどの広さで通年で釣りが楽しめます。朝から日没まで釣が楽しめるため、週末ともなると地域の人達が竿を下らしています。
特にヘラブナ釣りは有名で、日本フィッシング協会オフィシャルブログでも紹介されています。他にもいろいろな淡水魚が鵜沼堰で釣れます。
また、飛来する野鳥のバードウォッチングも楽しめます。

■文化施設

長生村文化会館
千葉県長生郡長生村岩沼2119

長生村の文化の中心として建設された長生村文化会館は、洗練されたデザインと充実した設備を誇り、長生郡市内では初めてのプラネタリウム・図書室・700人以上を収容可能なホールに加え、会議室や調理実習室も併設されています。
プラネタリウム
千葉県長生郡長生村岩沼2119

本格的プラネタリウムであり、季節ごとにその季節の星座についての上映を楽しむことができます。上映は10人以上の団体予約制と、祝日・県民の日など特定日に一般上映も行われます。星や宇宙に関しての様々な企画や天体観察が行われ、長生郡市の子どもたちの学習に活発に利用されています。

運営事務局

長生村地域活性化協議会
〒299-4336
千葉県長生郡長生村岩沼822

TEL 0475-32-0152